今後の金利動向と消費増税

これは、直近10年の35年固定金利フラット35の金利推移を示したグラフです。(みんなの住宅ローンより)

私が新入社員だった20年前(1999年)を思い出すと、当時住宅金融公庫の金利は、当初10年が2,5%、11年目以降が4,0%でした。
1999年は史上初のゼロ金利政策が発動した年で、空前の低金利ということで、たくさんの方が駆け込むように住宅ローンを組みました。

その後金利は戻ることなく、リーマンショックや日銀のマイナス金利政策などの影響で、

2008年には3,0%⤵、2011年には2,5%⤵、2014年には2,0%⤵、2015年には1,5%⤵、2017年には1,0%⤵と、どんどん下落し現在に至ります。

異常と言えるこの低金利はいつまで続くのか?


一般的に言われているのが、、、

①景気は回復しているものの、賃金は上がらず消費も増えない状況が続いている。

②政府は「年2%の物価上昇がない限り金利は上げない」としているが、現状達成できる目処が立たない。

③消費税が8%から10%に上がるこの時期に、金利を上げるという愚策を打ち出すとは考えにくい。


以上のことから、少なくともこの1〜2年は、ほぼ横ばいの金利が続くという見立てです。💂


つまり、

不動産投資やアパート経営を検討されている方、けっこう今はタイミングだと思いますよ😄


金利が低いということは、
①ローンの返済額が少なくてすむ
②預金していても金利がつかない
という意味において、

「ローンを組む、投資をするにはとても有利」です。☝


金利が上がってしまうと収支計画に大きな影響が出てしまいます。

(例)4000万円を30年ローンで組む場合
金利1.0%→毎月返済額128,656円 総返済額4,631万円
金利2.0%→毎月返済額147,848円 総返済額5,322万円(+691万円)
金利3.0%→毎月返済額168,642円 総返済額6,071万円(+1,440万円)

想像以上に大きな差でしょ?😲

加えて、消費増税です❗

今年10月にいよいよ10%になります。
アパートやマンションなどの事業用ローンは、住宅ローンと違ってローン控除などの、増税に伴う救済措置はありません🙅。
つまり増税分がそのまま負担になってしまうということです😵


「8%」で建築するためには、今年10月までに完成するのが条件ですが、3月までに請負契約を締結していれば完成が10月以降になっても大丈夫です。🙆


余裕のあるスケジュールではありませんが、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか😉?



駆け込み需要を期待する今日この頃です…😁

滋賀の土地活用・賃貸経営|アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀でアパート経営、土地活用などをお考えの方に不動産経営のリスクを回避する切り札をご提案します。土地活用・不動産投資のご相談はアスタリスクにお任せください。