公示地価とは


先日、国土交通省が公示地価を発表しました。

インバウンド効果で都市部を中心に商業地、住宅地ともに上昇。

滋賀県全体では商業地が微増。住宅地が微減という発表でした。


土地取引の指標には「公示地価」のほかに「基準地価」と「路線価」がありますよね。

どう違うのでしょうか??

■公示地価

公共事業用地の取得価格算定の基準とされるほか、「一般の土地取引価格に対する指標」となることが目的とされています。

国土交通省による不動産鑑定委員会が1月1日時点の調査を行います。2人以上の不動産鑑定士が別々に鑑定評価を行ない、その結果を調整したうえで価格が決定されます。


■基準地価

価格の性質や目的、評価方法などは公示地価とほぼ同様。異なるのは調査時点が7月1日である点です。

また、調査の主体が都道府県(公示地価は国)であることなどが公示地価と異なります。

さらに、公示地価が都市計画区域内を主な対象とするのに対して、基準地価は都市計画区域外の住宅地、商業地、工業地、宅地ではない林地なども含んでいます。


■路線価

相続税路線価は、相続税および贈与税の算定基準となる土地評価額で、国税庁がそれぞれの価格を決定します。公示地価の8割程度が目安とされています。

公示地価などが「敷地」そのものについての価格であるのとは異なり、路線価は一定の距離をもった「路線」に対して価格をつけます。

つまり、その路線に面する宅地の価格はすべて同じになり、個々の敷地における価格はその形状などに応じて補正をします。



以上、調査主体、調査日、評価方法、目的などがそれぞれ違うようですね。

ちなみに土地取引の指標となっている公示地価ですが、実際の不動産市場は流動的で、需給バランスや局所的な地域事情によっても変動します。

だから、実勢価格は公示地価と大きく異なるケースが多いです。

土地の売買を検討する際、あくまで公示地価は参考程度にみられると良いと思います。

滋賀の土地活用・賃貸経営|アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀でアパート経営、土地活用などをお考えの方に不動産経営のリスクを回避する切り札をご提案します。土地活用・不動産投資のご相談はアスタリスクにお任せください。