日産自動車

以前にもご紹介した、2017年世界の自動車メーカーの販売台数🚘


ルノー、日産グループについて、こう語っていました😅

【第2位】 ルノー・日産・三菱連合 1060.8万台 (前年比 0.065%)

第1位のVWにはおよびませんでしたが、ルノー・日産・三菱連合は世界的に販売台数が伸びているグループと言えます。
ルノーは日本ではおなじみの日産を1999年に傘下におき、2016年に三菱がルノー・日産アライアンスの一員となりました。
それぞれのメーカーの強みを活かして、共用のプラットフォームやパワートレインなどでEVや自動運転技術開発を加速していきます。
ルノーのEV・ゾエは、欧州でもっとも売れているEVとして定番の1台です。
日産では新しい形のハイブリッド車e-POWERや、自動運転技術「プロパイロット」搭載のセレナを発売するなど、これまでも大きな注目を集めてきました。
三菱も加わり、グループのさらなる進化が期待できます。

こんなコメントをしていましたが…

今回の「ゴーンショック」は衝撃的でしたね。
私、実は日産の株主なんです…⤵😥
株主といっても小口ですけど…😅
だから他人事ではないのです〜😤

せっかく販売台数1000万台を突破し、トヨタを抜いたルノー、日産、三菱連合なのに、ゴーン容疑者の事件を受け、3社連合の枠組みは崩れてしまうのでしょうか?
単体での17年の世界販売台数は日産が581万台、ルノーは376万台。
販売規模を考えると両社とも、この自動車産業の大変革期に、単独での戦いは避けたいところだと思います。

でもルノーと日産、ルノーとフランス政府、日産とフランス政府…
それぞれの思惑と駆け引きがあるなかで、その絶妙の関係を支えていた経営トップの逮捕は、川の流れを堰き止めていたダムが崩壊するがのようなことにならないかと心配です。

実際フランスでは今回の逮捕劇は「日産と日本政府の陰謀」と噂されているようです。

とにかく頑張ってくれ日産!
社員、取引先、株主そして日産車を愛するユーザーのために、強くなって変わってほしいと思います❗💪

滋賀で『賃貸ガレージハウス』展開 / アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀で『ガレージ付き賃貸住宅』を展開しています。付加価値のあるオンリーワン商品をもってして、土地オーナー様には建築のご提案、入居希望者には入居斡旋を行っています。