車は「所有」から「利用」へ!?

先日、毎月一定の料金を払うことで、好きな車を自由に選んで利用できる定額制サービス「KINTO」(キント)を、2019年初めをめどに始めると、トヨタ自動車が発表しました❗


このサービスは、「サブスクリプション」(定額制)と呼ばれ、欧米の自動車メーカー(北米ポルシェやメルセデス・ベンツ、BMWなど)では広がっていますが、国内メーカーが導入するのは今回初めてということです。

若者のクルマ離れや、カーシェアリングの会員増加など、消費者のクルマに対する意識変化が背景にあるようですね。

豊田社長は、「クルマが欲しくなったら簡単にクルマライフをスタートし、違うクルマに乗りたくなったら乗り換え、不要になったら返却する。必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる、まさに『筋斗雲』のように使っていただきたいと考え、『KINTO』と名付けました。」と語っています👆

このサービスが始まると、消費者にとってどんなメリットがあるのでしょう?

1.好きな車を自由に乗り換えることができるため、購入となると手が出しにくい高級車などにも手が届く。

2.色々な車を試し乗りして、最終的に本当に気に入った車を購入するということができる。(メーカー側はこれが狙い!?)

3.税金や保険、メンテナンス費用は定額に含まれる。手続きも不要。



でも素朴な疑問もあります。

定額はいくらくらいになるのか?

傷や汚れ、走行距離などはどうなるのでしょうね?

(カーリースの場合は、残価設定に影響があるので非常に気を遣うと言います)


いずれにしても、クルマは「所有するもの」から「利用するもの」へと変わっていくのかもしれませんが、
それによって、定額で利用するほうが、購入する以上に、大事に乗る、大切に保管する必要がでてくるかもしれませんね。


それに伴い、

賃貸ガレージハウスの需要も増えればいいですね❗😆



  

滋賀で『賃貸ガレージハウス』展開 / アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀で『ガレージ付き賃貸住宅』を展開しています。付加価値のあるオンリーワン商品をもってして、土地オーナー様には建築のご提案、入居希望者には入居斡旋を行っています。