「賃貸併用住宅」を建てるという考え方

「マイホームは建てたいが…」

夢を実現するには、どうしても金銭的問題が立ちはだかります🌋
何千万円という大きな買い物になるため、月々の金銭的負担はどうしても大きくなりますよね😣

この金銭的な自己負担を補う仕組みとして、

「賃貸併用」

という考え方があります。

賃貸併用住宅とは、自分が住む居住スペースと人に貸す賃貸スペースが共存している物件のことです。



最大のメリットは
「家賃収入で家のローンを返済することができる」点です❗

最近は都市部を中心に、30代のサラリーマンの方が、ローン返済の軽減やライフスタイルの変化の対応(将来、賃貸部分に親を住ませるなど)を目的に、(土地から買って)賃貸併用住宅を建てるケースが増えているのです❗🏠


どういう仕組みになっているのか?

ひとつのモデルケースを紹介すると ↓

おおよそ延床面積50坪くらいの大きさがあると、
(自己居住3LDK) + (賃貸1LDK×2戸)
の賃貸併用住宅が建てられます。

1LDKの賃貸相場が65,000円として
毎月の賃料が65,000円×2=130,000円となります。

130,000円というと、4200万円の住宅ローンを組んだ場合(35年返済、金利0.8%)の毎月の返済額とほぼ同じです。
仮に自己資金が+αあるとして、総額(土地+建物+諸費用)4200万円+αの計画が実現できれば、
実質、毎月負担ゼロ(場合によっては自己資金ゼロも可能)ということになります。

大手のハウスメーカーでは無理かもしれませんが、弊社なら十分可能な条件です✌

さらに、賃貸併用住宅の場合、

融資は住宅ローン扱いになるため、低金利で組むことができる❗

のも大きなメリットになっています😄
(通常、賃貸住宅の建築はアパートローンとなり、住宅ローンと比べて少し金利が高くなります)

さらに、住宅ローンの場合、団体信用生命保険に加入することになるため、万が一の事があればローンの残額は免除される点も安心材料ですよね。


また、転勤などで移住する必要があったとしても、

居住部分も賃貸にしてしまい、3世帯分の賃料を得ることもできますし、

収益物件として売却することもできると思います😆



弊社では、来年春に大阪(島本町)で

賃貸併用住宅(まさに賃料収入でローン返済をする実例)の完成見学会を開催予定です。


詳細は改めてご案内させていただきますね😄

滋賀の土地活用・賃貸経営・不動産投資|合同会社アスタリスクのブログ

合同会社アスタリスクでは、滋賀で不動産投資、アパート経営、土地活用などをお考えの方に不動産経営のリスクを回避する切り札があります。土地活用・不動産投資のご相談はアスタリスクにお任せください。オンリーワンのご提案をいたします。