七福神のご利益

「えべっさん」の愛称で親しまれている西宮神社では、商売繁盛を祈願する「十日えびす」にあわせて、毎年、1月10日の朝に「福男選び」が行われています。
神社の門から境内を走り抜け、本殿にいち早く到達した順に3人目までをその年の「福男」として認める伝統的な神事で、ことしはおよそ5000人が参加されたそうです。

ところで、そもそも「えべっさん」って何?

「えべっさん」とは、七福神の一つ「恵比寿天」のこと。全国に約3500社あるえびす神社の総本社が西宮神社です。




「恵比寿天」は七福神の中で唯一の日本の神様(他はインドと中国)で、日本人には一番馴染みがあります。
いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満三歳になっても歩くことができなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられています。
左手に鯛🐟をかかえ、右手に釣竿🎣を持った姿の恵比寿天は、元は「漁業の神」で、後に「商売繁昌の神様」として信仰されています。


ちなみに七福神とは、

恵比寿天(えびすてん)、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)

の七つの神様の総称です。
「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。


それぞれのご利益は、

恵比寿天 「漁業、商売繁盛の神」
大黒天 「農業、福徳開門の神」
毘沙門天 「勝負ごとの神」
寿老人 「長寿延命の神」
福禄寿 「招徳人望の神」
弁財天 「財宝、縁結びの神」
布袋尊 「夫婦円満、子宝の神」


福をもらいに急いでお参りに行きましょう😁


ちにみに七福神で有名な京都の寺院は、

六波羅蜜寺
http://souda-kyoto.jp/travel/spot/spot.html?spot_seq=0000068

松ヶ崎大黒天[妙円寺]
http://souda-kyoto.jp/travel/spot/spot.html?spot_seq=0000328

恵美須神社
http://souda-kyoto.jp/travel/spot/spot.html?spot_seq=0000065

萬福寺
http://souda-kyoto.jp/travel/spot/spot.html?spot_seq=0000377

などがありますよ😄。

滋賀の土地活用・賃貸経営・不動産投資|合同会社アスタリスクのブログ

合同会社アスタリスクでは、滋賀で不動産投資、アパート経営、土地活用などをお考えの方に不動産経営のリスクを回避する切り札があります。土地活用・不動産投資のご相談はアスタリスクにお任せください。オンリーワンのご提案をいたします。