電気自動車(EV車)の行方



今、自動車業界で急速に注目されてきているのが

「電気自動車」

です。


例えば、オランダが2025年以降にガソリン車とディーゼル車の販売を禁止すると公表しました。
フランスやイギリスでも、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を出しています。
中国は排気ガスによる環境汚染が深刻で、電気自動車であれば環境に悪影響を与えないということで、電気自動車が爆発的にシェアを伸ばしています。
日本でも日産を筆頭に電気自動車の普及に躍起になっています。
まさに世界規模で「すべての車を電気自動車化する」方向に、ゆっくりと舵を切っている状況です。





電気自動車の特徴は、

①地球環境に優しいという点

走行時の二酸化炭素排出量が0です。

②経済的である点

必要なのは充電にかかる電気代だけです。
電気の使用量が減る深夜は、電気料金が割安になるというメリットがあります。
この間に充電をすることで非常に電気代を安く抑えることができるのです。


③静かである点

電気自動車の走行性能の高さは静粛性にも現れています。
エンジンを搭載した車は、ピストンを動かしたりすることで大きな音や振動が発生します。
遮音部品を使っても完全に遮音することは難しく、高級車であっても多少の振動が発生します。
しかし、電気モーターは振動や騒音が少ないです。

④税金の優遇や補助金の対象になる点






逆にデメリットとしては、、、

①充電に時間がかかる点

電気自動車はバッテリーを充電する時間が必要です。
ガソリン車であれば、給油の時間は5分程度で済みますが、。
しかし、電気自動車の充電は急速充電(80%)でも40分程度かかります。
フル充電をするとなると、8〜16時間かかると公表されています。




②長距離ドライブに向かない点

東京から大阪の500kmを移動するためには、最低でも3回は充電をする必要があります。
時間にすると約2時間は充電に割く計算です。


③価格が高い点

バッテリーの価格が非常に高いために、本体価格が高くなってしまいます。





このようなデメリットがありながらも、深刻な環境問題に対応するためには、有害な排出ガスを0にする必要があります。
そのため全世界の車が電気自動車に置き換われば、地球温暖化の防止に効果を発揮します。
中国をはじめとする世界各国が電気自動車シフトを明確にする今、国内外の自動車メーカーは積極的に電気自動車の開発、販売を強化していく意向を示しています。
ガソリンエンジン車に比べて使用する部品数も少なくできるため、テスラモーターズのような新興自動車メーカーの参入も増えると予想されています。

今後の自動車の主流は電気自動車となっていくことでしょう。



滋賀で『賃貸ガレージハウス』展開 / アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀で『ガレージ付き賃貸住宅』を展開しています。付加価値のあるオンリーワン商品をもってして、土地オーナー様には建築のご提案、入居希望者には入居斡旋を行っています。