2018ル・マン24時間レースでトヨタが優勝❗

2018ル・マン24時間レースの決勝が17日に行われ、

8号車トヨタ(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝🙌🎉

2位に7号車トヨタ(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)が2位に入り、

TOYOTA GAZOO Racingが初優勝を飾るとともに、ワンツーフィニッシュを決めました😆

 レース序盤から、ワンツーの状態を維持してきていたトヨタの2台。途中、スローゾーンでの速度違反ペナルティや、レース終盤にも小林が駆る7号車が燃料関係のトラブルで一時スローダウン状態になった他、残り50分のところで7号車に使用できる燃料量を超えていたとして10秒間のストップ&ゴーペナルティが出るなど、最後の最後まで気が抜けないレース展開となりました。
 しかし、アンカーを務めた中嶋と小林は堅実な走りを披露。現地時間の17日15時にゴールを迎え、トップの8号車が388周でチェッカーを受け、

トヨタが悲願のル・マン初優勝❗

1985年に初参戦し、今年で20回目の挑戦でしたが、ついに悲願達成の時を迎えました。


日本車がル・マンで総合優勝を飾るのは1991年のマツダ以来だそうです。


そもそもル・マン24時間レースとはどういったレースなのか…


1923年に初開催された歴史あるレースのひとつで、

フォーミュラ1のモナコグランプリとアメリカのインディ500と並び「世界三大レース」と呼ばれます。

またデイトナ24時間レース、スパ・フランコルシャン24時間レースとともに「世界三大耐久レース」とも呼ばれます。

競技はフランス中部にあるル・マン市のサルト・サーキットと呼ばれる全長13kmを超える周回コースで行われ、
24時間でのサーキット周回数を競うレースです。


今までのメーカー別優勝回数は、

1位. 19回 - ポルシェ
2位. 13回 - アウディ
3位. 9回 - フェラーリ
4位. 7回 - ジャガー
5位. 6回 - ベントレー
6位. 4回 - アルファロメオ
6位. 4回 - フォード
8位. 3回 - マトラ
8位. 3回 - プジョー
10位.2回 - ブガッティ
10位.2回 - ロレーヌ・ディートリッシュ
10位.2回 - メルセデス・ベンツ
13位.1回 - シュナール&ウォーカー
13位.1回 - ラゴンダ
13位.1回 - ドライエ
13位.1回 - タルボ
13位.1回 - アストンマーティン
13位.1回 - ミラージュ
13位.1回 - ルノー
13位.1回 - ロンドー
13位.1回 - マツダ
13位.1回 - マクラーレン
13位.1回 - BMW
13位.1回 - トヨタ

やはりドイツ、イタリア、イギリスなどのヨーロッパ車が上位を占めますね🌎

乗用車での日本車の性能は誰もが認めるところですが、今回のトヨタ車の快挙を機に、レーシング車としても頭角をあらわしてほしいですよね❗😆




滋賀で『賃貸ガレージハウス』展開 / アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀で『ガレージ付き賃貸住宅』を展開しています。付加価値のあるオンリーワン商品をもってして、土地オーナー様には建築のご提案、入居希望者には入居斡旋を行っています。