別次元の付加価値と希少価値

弊社が展開する「G-Style Club」について、以前以下のように取材されました。
そのときの記事をご紹介します🙋



『同社が「G-Style Club」というブランドで展開する物件のモデルルーム。間取りは下図にある通りで、郊外によくある賃貸メゾネットの1階部分を、まるまるガレージにしたようなつくりだ。単身者向け1LDKタイプの賃貸ガレージハウスとしては典型的なスタイルになるのだという。

ベッドルームがロフトになっており、単身者向けとしての広さは十分。何より、クルマやバイクを思う存分、自宅で整備できる喜びがある

とにかく驚いたのは、ガレージの広さだ。

奥行きが7メートル、間口が4.6メートルあり、写真のようにクルマ1台とバイク+αを収容し、さらに壁面に机や棚を並べてもまだまだ余裕があって、整備に窮屈さを感じることはない。また、メゾネットらしく家屋前面にアスファルト駐車場もあるので、クルマがもう1台あってもそこに駐めることができる。』

『筆者がとりわけ感心したのは、ガレージ奥の庭だ。

写真のように人目を気にせず使える外部空間になっていて、仲間たちとバーベキューなどをしてもいいし、ガレージをさらに広々と感じさせてもくれる。また、上階の居室部分も見させてもらったが、ベッドルームの上がロフトになっていることもあって単身者には充分すぎるほどの広さと上質感がある。

率直にいって、パンフレットから想像していたものを数段上回る好印象だった。』

『オーナーからも満足度が高い。

通常なら物件を建ててからアパートマンション仲介業者経由で積極的に売り込むことで初めて入居者が集まるものだが、G-Style Clubは人気の高さから計画段階で入居者が決まることが多く、空室の心配をなくした上で着工できるのだ。

 もうひとつ、屋内ガレージつき物件の売りとして挙げられるのは、防犯上の安心感の高さだ。ある会員は、過去に車上狙いの被害に遭ったことがあり、わざわざ管理人付きの駐車場を借りていた。

しかし、高い駐車場を外に借りるくらいなら、愛車と一緒に暮らせるほうがよいと、G-Style Clubの物件に移り住んだのだそうだ。

ここにも、賃貸ガレージハウスが強い競争力を持ちうる背景がある。家賃が多少高くても、セキュリティ万全の屋内ガレージが最初から付いてくるからだ。

 以上の内容を冒頭のロータス・オーナーのKさんに話したところ、「それなら、(通勤時間は長くなっても)郊外のガレージつき物件に移り住むのもいいかもしれない」と、かなり心を動かされた様子だった。

 このKさんのような富裕層の都心回帰がトレンドになり、郊外で、しかも駅から遠い賃貸物件は入居者集めに苦労が尽きない状況だが、

別次元の付加価値と希少価値を持つ屋内ガレージつき物件であれば、駅から遠くても選んでもらえる。』


「ダイヤモンドオンライン  消費インサイドより」





オーナー様にとっても、入居者様にとっても
他とは違う

別次元の付加価値と希少価値

をご提供できる

それが「G-Style Club」が運営する賃貸ガレージハウスなのです💪


滋賀の土地活用・賃貸経営・不動産投資|合同会社アスタリスクのブログ

合同会社アスタリスクでは、滋賀で不動産投資、アパート経営、土地活用などをお考えの方に不動産経営のリスクを回避する切り札があります。土地活用・不動産投資のご相談はアスタリスクにお任せください。オンリーワンのご提案をいたします。