老後に2000万円が必要らしいです。

老後に2000万円必要?!

金融庁が出した報告書では、人生100年時代を迎えるにあたり、老後30年で最低2000万円が必要だという。


夫が65歳、妻が60歳の無職世帯で試算すると、

収入が約20.9万円、支出が26.3万円になる。

よって毎月5.5万円が不足するというもの。

つまり、あと30年生きるとして『2000万円』が必要だという。


年金では老後を賄えないの?

大きな病気やけがをしたら?

親の介護費用、住居の修繕費などはどうするの?


金融庁としては、投資や資産運用を促す目的で公表したのでしょうが、不安だけを煽る結果になってませんか?


・消費税も上がる

・社会保険料(健康保険や厚生年金)も上がる

・物価も上がる

・給料は増えない


こんな状況下で2000万円も貯まるかいぃ!


結局「年金100年安心プラン」というのはすでに崩壊していて、自分の身は自分でなんとかしないといけないということです!


月並みですが、

・住宅ローンなどの負債の返済

・積み立て

・節約

など、家計の見直しが必要になってきますね。


また、今注目されているのが、

『副業』『起業』

です。

働き方改革の一環で、政府が副業推進のための法整備を始めたからです。

サラリーマンにとっても、一つの仕事に限らず収入源を持つことやスキルを身につけることでリスクヘッジになるという大きなメリットがありますよね。

実際にソフトバンク、ユニチャーム、日産自動車、リクルート、丸紅といった企業が副業を解禁しているようです。


賃貸経営のコンサルティングを行う弊社のところにも、賃貸経営を副業として検討されるサラリーマンの方が多く相談に来られます。有難いお話です。

しかし、

スルガ銀行の問題以降、各金融機関の投資用融資の貸し渋りが顕著なんです!

この矛盾は何なのでしょうか。。。


投資を促したいのなら、もっとお金がまわる仕組みを構築してほしいものです。




滋賀で『賃貸ガレージハウス』展開 / アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀で『ガレージ付き賃貸住宅』を展開しています。付加価値のあるオンリーワン商品をもってして、土地オーナー様には建築のご提案、入居希望者には入居斡旋を行っています。