ガレージハウスに適した土地は?

こんにちは。
「ガレージハウスってどんな土地が適してるの?」という問い合わせをよくいただきます。

ポイントは、その土地の①場所、②大きさ、③形状、④前面道路の幅員です。

①場所は、アパートは駅が近いとか買い物が便利など、立地が特に重要と言いますが、ガレージハウスは例外です。
基本的にクルマを所有していることが前提になるため、比較的郊外でも需要が見込めます❗
釣りやマリンスポーツが好きな方なら湖や川に近い場所、ドライブが好きな方なら湖岸道路や高速道路に近い場所が好まれます。
郊外の土地をもてあましている方は、是非検討してみてください❗

ただし、市街化調整区域は基本的にアパートは建築できないのでご了承ください😰
②大きさは、何世帯のアパートにするかで変わりますが、目安として60坪で4世帯のガレージハウスが建築可能です🏠
建物の外に駐車スペースを設ける必要がないため、狭小地でも建築できる点もメリットです😄

③形状は、間口の広い土地が一番効率的です。間口が13メートル以上あるとプランは立てやすいです✏
また、極端な変形地や、前面道路との高低差が1メートル以上あると難しくなってきます。

④前面道路の幅員は、やはりクルマが出入りしやすいということが重要になりますので、最低5メートルは必要かと思います。

土地をお持ちの方は、上記の点を確認してみてください😄
土地から探して計画する方も、上記の点に留意し、かつ価格も注意しながら探されることをお勧めします。価格は収支に大きく影響しますので。

勿論、弊社からガレージハウスに適した土地の斡旋、紹介もさせていただきますので、ご相談くださいね😉

滋賀の土地活用・賃貸経営|アスタリスクのブログ

アスタリスクでは、滋賀でアパート経営、土地活用などをお考えの方に不動産経営のリスクを回避する切り札をご提案します。土地活用・不動産投資のご相談はアスタリスクにお任せください。